• HOME
  • 子どもの家 通信

子どもの家 通信

子どもの家 通信「なかよし子どもの家」「あおぞら子どもの家」
福岡市南区和田1丁目22−31 みのはらハイツ101
「おおはし子どもの家」「すくすく子どもの家」
福岡市南区大橋1丁目19−16 大橋セントラルハイツ1階
「えんぜる子どもの家」
福岡県福岡市南区折立町5-18 第2よし川ビル1階
での楽しい活動の様子をお伝えします。
福岡市小規模保育事業「子どもの家」ページへ

「1年を振り返って子どもの育ちとお礼」 2021/3/15(月)

皆様の見守りとご協力のおかげで、クラスの子ども達は充実した1年を過ごすことが出来ました。
ありがとうございました。暑くお礼、申し上げます。          職員一同

令和2年4月にえんぜる子どもの家が開園し、和田子どもの家、大橋子どもの家の3つの園での
スタートとなりました。4月の初めには新しい環境、職員に慣れず戸惑っている様子や、一つお兄さん
お姉さんになり小さい子のお世話をする姿など様々でした。しかし今では子ども達同士で「○○ちゃんこっちおいで」「先生、○○君が困っているよ」など言葉もよく出て色々な事に気付きお世話をしてくれるようになり
本当に成長を感じています。
また、本年度はコロナウイルス感染症が流行し園の様々な行事(夏まつり、運動会、遠足、発表会)を中止するのではなく、前向きに密にならないようにどうしたらいいのかを考え、規模を縮小させて頂いたり参加人数を制限して保護者の皆様のご協力のおかげで無事、行うことが出来ました。感謝しております。

その様なコロナ禍で、子ども達も以前よりもうがい、手洗いが上手に出来るようになり保育者も清掃と消毒の徹底を行い、一人ひとりが「感染しない」「感染させない」という意識を持ち感染症対策に努めてまいりました。

そんな中、私達職員も毎月1回園内研修を行い様々なテーマ(子どもとの関わり方、モンテッソーリ教育(理論)、安全衛生管理、困っていることをみんなで解決、感染症について)などを掲げ、学習し日々の保育に役立てるようにしてきました。

今年度は思い返せば、本当に様々な変化もありましたが「ピンチをチャンスに」変えて、行事等の見直しを行いながら、日々の子ども達の保育を大切にしていきたいと考えています。
来年度も和田、大橋、えんぜる子どもの家で協力し合い子どもたちが心地よく過ごせ、保護者の方が安心して
預けられる保育園になれるよう子ども達と保護者の方に寄り添い関わっていきたいと思います。

新着記事

 [次へ≫]

カテゴリー