• HOME
  • 保育園で大切にしていること

保育園で大切にしていること

子どもの発達や育つ過程を考えた計画に基づいて、保育を行っています。
子ども達がさまざまな活動を通して、意欲や主体性を育み、生きる力の基礎となる、心情・意欲・態度を身につけていきます。
一人ひとりの子どもが安心して生活ができ、また成長発達に応じた適切な刺激と援助が与えられ、
能動的、意欲的な活動に参加できるようにしています。
いろいろなことに興味関心を広げ、感性豊かに育つよう取り組んでいます。

保育活動内容

基本的生活習慣
食事、排泄、睡眠、着脱、片付け、清潔、衛生面など身につけていきます。安心して過ごせる生活の場をつくり保育者の関わりと配慮を身につけられるようにします。
戸外あそび・お散歩・園外保育
毎日、戸外で身体を思いっきり動かして遊びます。お散歩でたくさん歩き、園外で四季折々の体験活動を行います。
絵本を見る、おはなしを聞く
毎日クラスで絵本の読み聞かせを行っています。静かにお話を聞くことができます。
えんぜるリズム・リトミック
ピアノの曲に合わせて手や足の指先まで意識して身体を動かしていきます。リズム感やしなやかな動き豊かな表現能力を養います
運動あそび
各年齢に合った内容の運動遊びを行います。跳び箱、鉄棒、縄とびなど体育遊具なども使い、自分の思い通りに動かせる身体づくりと調整力を養います。
絵画・造形あそび
伝統行事や季節に応じた造形活動を行っています。(家族の日、こいのぼり、節分など)感じたことや考えたことを自分なりに表現します。
うた・わらべうた・手遊び
季節の歌をうたったり、保育者や友達とふれあい遊ぶことを楽しみます。
地域との交流
校区の夏まつり、文化祭、敬老会などに参加したり、地域の方々に来園していただき交流を図ります。
人との関わりの中で・・
人に対する愛情と信頼関係をもち、意欲的に生活や遊びを楽しみます。自主協調の態度をもち、善悪の区別など道徳性の芽生えを培います。
立腰保育
腰骨を立て、美しい姿勢で最後まで話を聞く集中力、意欲をもって、自分で考える力が育ちます。
五感の発達
色々な物に対して、興味・関心・好奇心をもち、手足・身体で触れる、聞くなどの体験から感覚の働きが豊かになります。

「モンテッソーリ教育」へ