• HOME
  • 子どもの家 通信

子どもの家 通信

子どもの家 通信「なかよし子どもの家」「あおぞら子どもの家」
福岡市南区和田1丁目22−31 みのはらハイツ101
「おおはし子どもの家」「すくすく子どもの家」
福岡市南区大橋1丁目19−16 大橋セントラルハイツ1階
での楽しい活動の様子をお伝えします。
福岡市小規模保育事業「子どもの家」ページへ

『よいよい保育を目指して』 2018/2/9(金)


  私たち保育士は、一人ひとりの子どもに配慮した保育を行うため
 保育園に勤める職員としての職務及び責任の理解と自覚が基盤となります。
 また、各職員が必要な知識及び技能を身に付けられるよう努めなければ
 なりません。
  保育の専門性を高め保育内容の充実を図り、職員間で共通理解出来るよう
 一年を通し月に1回園内研修を行い、今年度は下記の議題で取り組みました。

   4月  集団行動での保育士の声かけ
   5月  保護者との対応・ベビーマッサージ
   6月  おたより帳の書き方
   7月  年間指導計画の取り組み内容の確認と周知
   8月  手あそび・わらべうたの実技
   9月  保育所保育指針について
   10月  子どもとの関わり
   11月  職員間の連携
   12月  五領域をとらえよう(健康・環境・人間関係・言葉・表現)
   1月  保育経過記録に沿って発達の確認
   2月  育ちを考え保護者への発信
   3月  まとめ(次年度に向けて)

  理論面と実技を折りまぜて学ぶ中で、子どもの成長を様々な角度から
 とらえられるようになってきました。
  また、職員同士で学び合うことで、保育の課題が見えてきたり、自分自身の
 保育内容の見直しができます。一人ひとりが自分の保育を反省評価することが
 次の保育へとつながることを、園内研修を通して職員全員が実感しています。

  次年度も保育の向上・保育士としての資質の向上を目指し、園内研修を
 続けていきたいと思います。